2017年5月3日 タイラバ(ホタルイカ付き)でマダイ

久々のボート釣り

いつもは伏木の沖堤付近で朝マヅメは狙うのですが

今年こそ鯛を釣ってやるという信念(笑)を持っていたので

事前に情報を得ていた通り

船団を後目に見ながら四方沖へ移動しました

(事前には四方沖で上がり始めている、水深40mから50mという情報)

場所は四方漁港付近のブレイク

水深が10mから80mぐらいに一気に深くなるのでただの崖だねと話しながら

その付近の40mあがりでタイラバ投入(先日のホタルイカを付けて)

魚探にもほとんど反応がなく、半ばあきらめかけていたのですが

しばらくすると何やらあたりが!!

しかも独特の引き。これはまさか!!と思いながらゆっくり巻いていくと…

初マダイ!!ついにやりました。

むっちゃ嬉しかったです

(ただ、そのあとはポイント移動しながら試すものの私は何も釣れませんでした)

しばらくして自分は船酔いでダウン、前日の夜に酔い止めを飲んでおいたはずなのですが…

ダウンしているなか、いつの間にか?海老江沖へ移動

友人は水深15~20m辺りでカサゴ、ホウボウを釣り上げました

聞いてみるとタイラバに自分が渡したホタルイカを付けたようです

その後またもや魚探に反応もなくズルズルと伏木沖まで移動

その間、液体の酔い止めを飲み体調を回復させます

友人の一人もダウンしていたのですがセイブ内服液を飲むと二人そろって回復

これ、効きました笑

魚のほうは魚探でポツポツと反応はあるのですが、センサーの誤動作レベル?の反応で何もなし

移動中に中層に反応があったと思いきや定置網のロープのようで

沖堤防辺りまで移動してくると中下層に反応

がタイラバ、ジグ、ワームと3人で試してみるも反応なし

ジグにはワラサが付いてきていたとのことですが

もうひと流しして再度と思ったのですが

船を入れなおすころには反応なし

やはりワラサだったのか、すでに去っていったようで…ここで釣るにはやはり朝狙うべきだったのかも

友人はちゃっかりマゴチを釣っていました

いつの間にかジグからワームに変わってました

13時過ぎあたり、最後は小矢部川付近で狙います

ここのブレイク(崖)は水深10mから80m以上になっており、一度回収するたびにドン深で

重さも悩むところだったのですが(そもそもこんなところでやるのがダメ!?)

とりあえず魚探にも反応があったので60gをセレクトし試してみます

結局釣れなかったのですが…

マゴチを釣った友人はここでもカレイとカサゴを釣っていました

何かコツとかあるんでしょうね

14時過ぎに下船、解散したあと

急いで田植えの準備をするのでした

マダイは塩焼きが美味しかったです

タックル

ロッド:セフィア SS メタルスッテ B606M-S
リール:炎月BB 100PG
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2.5号
ルアー:タイラバ40g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク