ラインローラーはベアリング化しておきましょう

皆さんはどんなリールを使っているでしょうか?

○万円の高性能リール?○千円の低価格リール?

低価格でも十分という方も大勢いると思います。

(私も人に進めるときにはそう思っている一人です笑)

しかし、ここでチェックしておきたいポイントが

「ラインローラー」です。

低価格帯のリールのラインローラーをチェックしてみてください

大抵使われているのが、樹脂製のローラーカラーです。

私が久々に釣りを始めて最初に買ったリールは

ダイワの14月下美人MX2004Wでしたが、純白のローラーが入っていました(笑)

釣りをしていて細めのPEラインを使っていると顕著に表れるのですが

このローラーカラー、なかなか回りません(汗)

そのため、釣りをしているとかなりの頻度でラインがヨレます。

軽いルアーだとラインローラーに負荷もかからないのでなおさら。

そしてヨレが酷くなるとそのままプツンとルアーとともに旅立ってしまいます。

最初は回らなくても使えればいいよ。

なんて思っていたのですが、PEラインが頻繁に切れるのは非常に嬉しくない。

当時、困っていたとき、調べて出てきたのが…まぁすぐに出てくるのですが

「ベアリング化」です。

多分ちょっと調べてみるとBB化~なんていろんなところに書いてありますが

自分の経験上、ラインローラーのベアリング化は非常におすすめです。

ベアリング化したものと比較するとすぐにわかるのですが

ベアリングにすると軽く触っただけでラインローラーが回転します。

軽く触るだけで回転するということは、負荷を掛けなくてもラインローラーが回る。

つまりメバリング等でもラインがヨレないということです。

私もこれでライントラブルがかなり解消されました。

そのほかドラグ、ハンドルノブのベアリング化がありますが

ラインがなくなることや消耗品が増えるようなことはありませんので

そこはいろいろとシビア方がされるのかなと思います。

釣れるものは釣れます。

取り換え方は非常に簡単で、基本的には特殊な工具も不要です。

安く済ませたいという方はいろいろ調べて使用できるベアリングを探したらいいと思いますが

頻繁に交換するような部品でもないので金銭的にも多少ゆるく考えるなら

ヘッジホッグのキットでいいと思います。



説明書も付いており特に困ることなく交換できますので

釣りを始めたばかりでちょっとチューンしてみたいって人にもおすすめです。

(実際交換できるかは予め調べてくださいね)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク