2017年7月8日 豆アジ、カサゴ、キジハタ

サビキでアジを釣りたくなったので0時から岩瀬漁港にてサビキを開始

漁港の奥は常夜灯があったので家族連れが何組かいました

夜ということもありせっかくなので比較的先端の場所で集魚灯を使用

ネットでよくある宣伝のように魚が集まることを期待したのですが…

しばらくして集まってくるのは海ケムシのみ…しかも大量に

結構、テンション下がりました

次に友人のリュックに入っていた数か月前のアミアビを投入

期限切れがないのか気にはなっていましたが、どうも中身が溶け始めていたようなので

海へ放出、途端に大量の小魚が集まってきました

腐ってもアミエビということでしょうか…

試しにサビキを入れてみると豆アジが次々に食いついてきます

しかし、大きさが3,4センチ

友人と豆アジじゃなくてマイクロアジだ~、なんて言いながら数匹釣っていたのですが

これを延々と釣るのも嫌だったので移動することに

釣りたいのはせめて10センチ台のアジなので

次のポイントは新湊、釣り場につくと誰もいないのだが

前回来た時にアジのようなアタリがあったのでここにはいるだろうと睨みやってきました

ポイントにつくと妙に臭う…

足元をよく見るとアミエビを流したあとがあり

こいつか~と思っていたのですが

さらに臭いの中には小便臭いが…

誰かがマーキングしていったようで

そこで釣りを始めてみるも集魚灯にも何も集まってこない、魚の反応もない

その上、蚊も大量に集まってきているようなので漁港方面に移動しました

(この時期の虫よけは必須です。それでも集まってくるので何か対策がいるかも)

しかし始めてみるものの何も反応がなく、いるのは野良黒猫のみ

海の色は雨の濁りがまだ残っているようにも見えるので今日はダメかもしれない

持っていたアミエビを全投入し、ついでに冷凍ホタルイカも持ってきていたので投入したものの何も釣れませんでした、蚊はいるのだが

友人の眠気もピークだったので一旦、車まで撤収

今日はこれで解散するか、と話していたのですが時間は3時過ぎ

あとちょっとでマヅメの時間になるため待機

4時頃、少しずつ明るくなってきたのでキジハタを狙うことにしました

友人は爆睡

仕掛けはテキサス、ある程度投げると地形が変化するポイントがあるため

飛距離を出すため40gのナツメオモリでセット

凹凸が多い場所なのでアタリなのか凹凸の角にぶつかったのか怪しい場合があるものの

根に貼りついている感触があったので、引き剥がすようにあおりると

久しぶりのカサゴ

大きさは20センチほどだけれども貼りつく力はなかなかなものでした

可食部分が少なめだったのでリリース

その後、遠投するも反応がないため、際沿いにキャストし探りを入れます

途中、ずしっと重みがかかったのですかさずゴリ巻き

釣りあげてみれば目当てのキジハタでした

大きさは30センチ程度でなかなかいいサイズ

7時ごろになり暑くなってきたため、これにて終了

さすがに徹夜はきついので今後は控えようと友人と決意したのでした

釣り上げたキジハタは煮つけになりました

ロッド:XOR インディペンデンス iX-110M-LPS

リール:ストラディック 3000XGM
ライン:PE1号
リーダー:フロロ4号
ルアー:テキサス(10号)+グラスミノーL(北陸クリアレッドホロ)、キジハタホッグ3インチ(ロックフィッシュインパクトⅡ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク