2017年10月26日 ショアジギングでハマチ、サゴシ

最近、ラインブレイクや目前でのバラシが多いので

今日はタモ網を準備し、PEラインもトラブル続きの1号から元々巻いていた2号に戻して挑戦

(1.5とかでもいいかなと思ったけど買うのも勿体なかったので…)

風もそれほどなく、波も酷くはないので釣りをするにはいい条件

霧は酷かったのですが笑

いつも見えるはずの新湊大橋がまったく見えない

白灯台もちょっと…

まぁ人もそこそこいて移動することもないので釣りをするにはほとんど影響はないのですが…

釣り人の割合は前回、エギングのほうが多かったのですが、今日はショアジギングのほうが多め

テトラ側で釣りを開始

使用したルアーはメタルジグ40gのピンクブルー

最近は何かアクションを加えたほうがいいのだろうな~

と思いつつも柔らかめのシーバスロッド(ML)なので

基本的にはただ巻きです

ロングロッドなので飛距離はそれなりに出るのですが

なのでひたすら投げては巻きの繰り返し

ナブラは沸いていなかったのですが大体6時台には一度はアタリがあるものなので

無心で頑張りました

1時間ほど繰り返してちょっと飽きたなーと思うぐらいにロッドにずしっときました

前々回はバラシ、前回はラインブレイクで悔しい思いをしたのですが今日は太めのラインなので追いアワセをがっちりして網を使って確実にランディング

…サゴシでしたが

久々に青物が釣れると嬉しいもんです

そこからさらに20分、西京焼きをイメージしながら巻き続けると

またまたズズンと重みが

手前まで寄せてくると今度はハマチ

よっしゃー!と内心思ったのですが巻いている途中に真横に走り出しそのままバレてしまいました

バレた瞬間にジグが吹っ飛んできたので怖かった

フッキングが甘かったのか

8時頃になると大体人もいなくなったので白灯台付近に移動して再開

休憩してもいいかなーと思ったのですが

ジグが動いている分だけチャンスがある!

となぜかそんなことが思い浮かんだのでひたすら投げました

30分くらい巻いたところでずしっと来ました

今度はハマチ

フッキングがしっかり決まっているようだったのでぶっこ抜き

釣れたのは嬉しかったけど魚が暴れている状態でジグを手で持ってしまい

アシストフックが手に刺さってしまった…痛い

サイズが大きくなくてもちゃんと道具を使わないと危険ということを改めて気づきました

釣り上げたサゴシは40センチちょっと

ハマチは30センチちょっと

サイズが小さいからか両方ともリアのトレブルフックに掛かっていました

西京焼きと刺身にします…

ロッド:XOR インディペンデンス iX-110M-LPS
リール:バイオマスターSW 4000XG
ライン:PE2号
リーダー:フロロ8号
ルアー:メタルジグ40g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク