私のiphoneのスクリーンショットが使えなくなった原因が判明

スクリーンショット機能、便利ですよね。

画面の情報をメモするのが面倒だなと思ったときには

よくスクリーンショットを使います。

が、ある日突然スクリーンショットが使えなくなりました。

暫くはまぁいいか、と放置していたのですが

なんだかんだで使えないと不便だったのでなんとか解決することに。

といってもネットで調べてやってみるだけなんですが…

私はiphone8でiOS11を使っていたのですが

どうやらiOS11あたりでもバグやらなんやらの情報があるようでしたが

よく載ってたそもそものスクリーンショットのやりかたは

①ホームボタンと電源ボタンを同時押し

②Assistive Touchでスクリーンショットを登録して使う

でした。

①ができない場合はボタンの不具合

②もできない場合はソフトウェアのバグか何かのようで

iOS11でも何か怪しいような情報もありました。

私の場合

・それぞれのボタンに不具合はない

・Assistive Touchのスクリーンショットは動作しているように見えるが記録されない

加えて

・画面録画も動作しない

・【設定】にて機能制限はオンになっていない

といった状態でした。

解決策を調べてみると

・強制再起動

・最新バージョンへのアップデート

とあったので試してみたのですが改善せず困り果ててしまいました。

しばらくしてボタンに異常があるわけではないため、ソフトに原因があると考え

工場出荷状態に戻したところ機能はなんとか回復。

一安心だったのですが、その後データを復元するとまた同じ状態に。

面倒だけど、写真等のデータを別保存して入れなおすかなぁ、と思いながら設定画面をいろいろ見ていると怪しい項目を発見。

・プロファイル

wifiの設定とかでたまにプロファイルを追加するのですが

何回もやるとその都度構成プロファイルが溜まっていくという…

今回はその溜まったプロファイルが原因ではなかったのですが

あるプロファイルを見てみるとそこには機能制限の文字が…

お前だったのか…

どうやら原因は会社のメールやスケジュールを確認するために入れた構成プロファイルだった模様。ばっちり機能制限の項目に「画面の取り込みは許可されていません」の記載がありました。

残念ながら現状消すわけにはいかず結局そのままなのですが、原因がわかっただけでもよかった。

ただ、構成プロファイルで機能制限掛けているのならば、設定の機能制限もONにして教えてくれたらいいのに、と強く思うのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク